性交性頭痛って知ってますか?

2013年5月22日

今日は皆さんが普段している自慰行為について少しお話を。
っていうのも、僕自身がこの「性交性頭痛」というものにかかっている可能性が高いんですよ。
「え?なにそれ、おいしいの?」
っと思った方!

これ男性なら誰でも発症する可能性がある頭痛ですから!!
それでいて自慰行為中に起きるもんだから誰にもいえないという悪循環。

ならば調べましょう。
そういう時代です!便利になりましたねインタネッツ!

性交性頭痛とは?
お得意のwikipediaをもってこようとしましたがなんと載ってない。ってことで簡単に、超簡単に説明します。
所謂「オ●ニーに夢中になってたら途中で頭がいたくなってきたでござる」って状態なんですけど、
これは偏頭痛みたいなもんで「命に別状はありません」ってのが結論。

ではなぜなるか。
これがなんと未だに不明なんです。

僕自身も頭が痛くなった時があって(しかも、なったりならなかったり、これは季節が関係しているかもしれません)、ただ単純に「興奮しすぎて頭に酸素が回らないのかな?」と思っていました。
なんで窓を全開にあけて空気を取り入れてそんでもって激しくコスるのではなくじっくりコスってみることに…これで大丈夫だろ。って思っていたのですが、なんとまたしても頭痛が…。

酸欠が問題ではない???
と感じました。これが実体験ですが。
これ自慰行為じゃなくて性交時にも起こるらしいんですよね。

一体・・・なんだっていうんだよ!!!
おしえてくれよジョニーーーーー!!!

ってことで性交性頭痛について記事を貼っていきます(結局他人頼り)
—————————————————–
SEXの最中に頭痛が・・・
http://okwave.jp/qa/q661071.html

性交時の頭痛は単なる頭痛ではない?
http://getnews.jp/archives/279839

Hすると起こる頭痛がある
http://www.kenkoabc.jp/book/magz10/quiz/qz06.php

っとまぁ、いろいろと研究がされていますね。
気になったのが「ポルノ系をよく見ている人がなりやすい傾向」ってことですね。
なんだ?エロすぎると頭がバカになるってこのことだったのか?

遺伝っていう可能性も否定できないし。
ただ最後のリンク先で書いてあるように「神経質にならないこと」
ってのが大切だと思います。

あまり悩んで悩みすぎて違う部分で病気になっちゃうかもしれませんしねw
それでも不安ならばED治療薬を取扱っている病院なんかに相談するのもいいかもしれません。

それか1週間自慰行為を我慢してエロを断食するとか。

僕にはムリですが!!!笑

エロゲー学入門その2

2013年5月15日

前回の記事はこちらから▼
http://hello-pla.net/moa/archives/42.html

…はい!ってことで、第二回目となるエロゲー学入門です。
今回はそうですねー。

「萌え」についてお話しようと思います。

萌えって言葉、もう広く一般に広まっていますよね。さてその語源はどこからきたのか知っていますか?
…ってことでみんなの大先生wikipediaさんにお話しを聞いてみました。

萌え(もえ)とは本来の日本語では、草木の芽が出る(伸びる)様を言う。一方でおたく文化におけるスラングとしては、主にアニメ・漫画・ゲームソフトなどにおける、登場キャラクターなどへのある種の強い好意などの感情を表す言葉として使用されている。また、そこから転じた若者言葉では、同様のニュアンスがより広い対象に対して用いられる。~wikipediaより抜粋~

萌えって言葉の草冠を見れば植物に由来することがわかりますね。ちなみに反対語は「萎え」です。萎えるって聞いたことありますよね。これも植物の元気がなくなることを本来の意味として使っているはずなんですけど、いつのまにか「なんか気分萎えたわ~」みたいに人の感情に使われるようになりました。

ここから少し憶測になりますが、この「萌え」「萎え」っていうのは男性器に関係しているような気がします。

萌えるというのは伸びるという意味、つまり勃起ですね。
で、萎えるは「しおれる」ってことなんでそのまんまです。

ね?なんか説得力ありません?笑

さてさて、萌えという言葉が浸透したのはいつごろ、そしてどんなヒロインに対してだったのか気になりませんか?気にならなくても勝手に続けちゃいますけどねw

…とはいってもこれ実は正確な答えがないんですよね。
有力説としては一番最初に萌えキャラは「SFアニメ作品『恐竜惑星』のヒロイン「萌」を語源とする説」らしいですね。(wiki参照)

だがしかし!!萌えっていう言葉がない時代のものも含めればいろんなヒロインが候補に挙がりますよ?でも僕たちエロゲーマーが「はっきりと萌え」を自覚したのはね、ボク思うに彼女…

 

マルチ

multiTo Heart(リーフ)より

だと思うんですよ!!!
マルチについて詳しく知りたい方はググレばいくらでも出てきます。まぁ、簡単にいうと彼女はメイドロボなんですよね。それでいて健気で頑張り屋で、頭を撫でられることを大変よろこぶのです。

まさに萌えでしょう!

…まぁ、自分が最初にプレイしたエロゲーで最初に攻略したヒロインで当時コミックアンソロジーなんかを買ったりマルチに関するグッズを地元唯一のヲタショップ「アニメ●ト」様で購入したり、ゲーム→アニメと転換していく様を見届けたり、マルチってキーワードが出るだけでピクンと反応するほどに意識したり…なんていうかね、話少し変わるけど「エロゲーのヒロインをここまで愛したのはこれが最初で最後」なんですよ、ええ!

もちろんはじめて恋をしたのはふしぎの海のナデ●アなんですけどね。でもあれはツンデレの発起人だからね…。

ごほん。
話をもとに戻しますと、ボクが思うに世の中のエロゲーマーに「萌え」という言葉を認識させたヒロインはマルチです。もちろんそれ以前に萌えという言葉はあったでしょうがブレイクのきっかけは彼女です。これはもう譲れません。

反論されたら譲っちゃいますけど(笑

ってことで少し萌えについてわかっていただけたでしょうか?
わかりませんよね?
僕自身も書いててよくわかりませんでしたー!
失礼しましたー!

・・・

次回予定は未定ですが、気が向いたらまたお越しください。
では、ごきげんよう~

エロゲー関連リンクを更新★

2013年5月13日

エロゲー関連リンクページを少し更新しました。

個人的に好きな同人誌サークルは以前から貼らせていただいてたのですが、攻略サイトや情報サイトなどで便利なサイトがいっぱいあるのでそちらも勝手に貼らせていただきました…w「気づいてくれて相互リンクしてくれたらうれしいな~」なんて淡い期待を持ってたりしますw

当サイトを開設したのが12月で、それからゆっくりのんびり更新してきたんですけど最近少しづつ見られるようになってきました。そして少なからずリピーターになってくれている方がいるらしくて嬉しいやら恥ずかしいやら…。もっとしっかり書かないとなーって思いながらも出来るだけ情報サイトっぽく本格的に作っていきたいという変な意識もあるわけで…。

ま!細かいことは気にせずこれまでと変わらずのんびり更新していきます^ω^

ってことで。
エロゲー関連リンクは
http://hello-pla.net/eroge/erolink.htm
からどうぞ。

相互リンクもしていただける方は是非お願いします♪
リンクについて:http://hello-pla.net/eroge/linknitsuite.htm
※リンクはTOPページにお願いしますm(_ _)m

GWも終盤ですがやはり漢は黙って

2013年5月5日

…ですよね(笑)
若干出し疲れた感も否めませんが…。思うにエロシーン入って自家発電。んで、発電後そのまま話を進めるのはもったいないと思ってしまうんですよね。貧乏人の性(サガ)とでもいうのでしょうか?いや、これは男の性なはず!笑

ちなみにシーン回収してコンプリートしてから楽しむ派もいるでしょうが、僕自身はどっちかというと話の流れで突然はじまったらこちらも臨時体制に入る派です。もちろんコンプ後もある程度楽しんだりしますけど8割型はゲーム進行に沿ってです。臨場感を味わいたいのかな、と自分で考えたりもしているんですけどやはり「初見」というのは強烈に脳裏に焼きつくし気持ちを高ぶらせますよね。結末が分かっていると「この後あーなってこーなって」というのが分かってしまって(それはそれで気楽でいいんですけど)少し物足りなさを感じちゃいます。

ゲームの世界と同期して放出していたら枯れてしまいますので休憩をはさまないといけない。人間の身体ってどうしてこんなに脆いんだ!!笑

そのシーンの尺がどのくらいあるかが進行中に少しでもわかれば「ここで抜こう!」って決めて気持ちもリラックスできますね。シーン冒頭で「AOTOで10分」とか右端にピコンって出るくらいのさりげなさでいいんです。で、エロ度なんかも付いてればドキドキ感も増してきますね。ただ人それぞれ好みがあるのでちと難しいか。。。

ってことで戻ります~(2次元に)。

エロゲー学入門その1

2013年4月28日

むしろ教えてほしいほどの知識しかございませんが、これからエロゲー界の住人になろうと思っている方向けにエロゲーとはなんなのか。っというのを書いていこうかと思います。拙い文章なので流し読みしていただければ幸いです。

●一番最初のエロゲー
ホモサピエンスやら北京原人やらと人間にも最初があるのと同じくエロゲーにも最初の一本があります。今日はその最初の一本をご紹介します。全世界で最初の作品というとわからないんですが、「日本の最初の一本」は…

1982年に発売された
「野球拳」

野球拳3野球拳2野球拳1メーカー:ツクモ電気
転載元:http://www.8-bits.info/

もしくは、「ナイトライフ
ナイトライフナイトライフ2メーカー:光栄
転載元:http://www.retropc.net/

という説が有力です。
どちらかというと光栄のナイトライフのほうが「日本最古」と呼ばれていますね。

さてさて、ここでピンと来た人もいるのではないでしょうか。
そうなんです。エロゲー創設期の時代は「今やゲーム業界の金字塔!超大手のゲーム会社」が参入していたんです。

アルファスクウェア:アルファ/1986年

カプコンはブランド名を変えて脱衣麻雀を出しています。すごいですね~。

…少し話が変わりますが、パソコンってどうして私たちの生活に溶け込んだと思いますか?インターネットがどうしてこんなに普及したと思いますか?これ、実は「エロ」が起爆剤になっているんです。
PC買えばエロが見れる
世界中、日本中の情報を調べることが出来るとしたら男なら「エロいの見たい」と思うのは至極当然のことです。僕自身もいつのまにか「パソコンでエロいの見れる」が浸透していましたね。

そういえば紙媒体でパソコン関連の雑誌を買ったらエロ風味なイラストやら描写があって、「なんだ、PCではこんなのも自由に見れるのか…すごい!!!!」と感じたことを思い出しました。きっと紙情報からネット情報に切り替わり初期は紙情報誌で「便利なサイト」「エロいサイト」の紹介を見て、実際にURLを直打ちする。そんなスタイルだったんですね。

…っということで今日はここまで!次回のエロゲー学入門は未定です(笑
次のネタを仕入れましたら突然はじめますのでよろしくね☆

4 / 6« 先頭...23456

ホーム作品紹介ラブラブ系ハード系|2013年発売シリーズ別ジャンル別同人作品紹介
もあぶろぐ管理人プロフィールサイトポリシーリンクについてリンク集お問い合わせ

※作品に関する詳しいお問い合わせは各ブランドメーカーにお問い合わせください。
※当サイトは「紹介」を目的としており著作権の侵害を目的としておりません。